【DAZN月間表彰】10月のベストセーブは嫌な流れを断ち切ったランゲラックのプレー

 スポーツチャンネル「DAZN」とパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」との連動企画で、元日本代表GKとして活躍した楢﨑正剛氏は10月の「月間ベストセーブ」に名古屋グランパスのランゲラックのプレーを選出。ランゲラックのプレーがチームにもたらした結果とは何だったのだろうか。(取材・構成=藤井雅彦)

 ◇ ◇ ◇

楢﨑「ミッチ、こんにちは。忙しいところ、今日はありがとう。よろしくお願いします」

ランゲラック「ナラさん、こんにちは。こちらこそよろしくお願いします」

楢﨑「10月の月間ベストセーブとして、ミッチのシュートストップを選ばせてもらいました」

ランゲラック「僕のプレーを見てくれていることがうれしいです。ありがとうございます」

楢﨑「この企画で毎月ベストセーブを選ばせてもらっているんだけど、ミッチのことはシーズン当初に選ばせてもらっていたし、年間を通して素晴らしいパフォーマンスを見せていることに誰も異論はないと思うよ!」

ランゲラック「偉大なGKとして活躍されていたナラさんに自分のプレーを選んでもらえて、とても光栄です」

――楢﨑さんが選定したのは第33節名古屋グランパス対ヴィッセル神戸の64分のシーンです。イニエスタ選手のクロスを武藤嘉紀選手がヘディングで合わせましたが、ダイビングしたランゲラック選手が左手で触れてバーに弾かれました。

楢﨑「まず選出理由ですが、僕はいつも『このプレーがどのような結果をもたらしたのか』を重視してベストセーブを選んでいます。2-0から2-1にされていた展開で再び危ない場面を迎えたわけだけど、ここで失点していたら逆転を許しかねない流れになっていたと思う。嫌な流れを断ち切るという意味で大きなプレーでした」

ランゲラック「流れもプレーもとても難しいシーンでした。最初、神戸の右サイドからクロスが入ってくる瞬間はクロスへのチャレンジを試みることも考えていました。ですが、クロスを上げる選手がイニエスタ選手だったので、精度の高いボールがゴール前に来ることを予測して判断を切り替えました。ボールがゴール前に上がってきた時は、武藤選手にフリーでシュートを打たれるという覚悟ができていて、その準備をした結果のセーブでした」

楢﨑「ゴール前で相手選手がフリーになっているのは見えている場合もあるけど、試合を重ねてきた経験から感じる場合もあるよね。それらを踏まえてミッチはシュートが飛んでくることに備えたアクションを選択した、と。日本人選手だと難しい高さのシュートだったけど、あの高さにもしっかりと対応できるミッチの良さが発揮されていたと思います」

ランゲラックは「素晴らしい見本」であり「最高の教材」

ランゲラック「ナラさんと一緒に細かく話していくと、このシーンの解説に1時間くらいかかってしまいそうです(笑)。シュートを打たれることを察知し、一度下がってゴールライン上のポジションを取りました。そういった準備があったおかげで、なんとか防ぐことができたと思います」

楢﨑「シュートを打たれる前にステップを踏んで下がっているよね。GKの対応としてはセオリーだけど、これを公式戦という舞台で瞬時に判断して実行するのが難しい。みんなが『やられた』と思ったシュートを止めた意味も大きい」

ランゲラック「日々のトレーニングの賜物だと思います」

楢﨑「こういった素晴らしいプレーもあったからこそ、できれば2-1で勝ち切りたかった試合だよね(※結果は2-2の引き分け)」

ランゲラック「その通りだと思います。前半に2点をリードしていた有利な展開だったので、勝たなければいけない試合でした」

――名古屋の特徴として、失点の少なさが挙げられます。その反面、リードしている試合では守備の時間が長くなる傾向もあると思いますが、そのあたりの難しさは?

ランゲラック「チーム全体で守備組織を構築できているので、守りやすい場面は多いです。でも試合において守備をしないということはありえません。我々がゲームを支配していても、ボールを持っていても、リードしていても、サッカーはいつ守備の瞬間が来るか分かりません。シュートが飛んでこなくてもクロスが入ってくることはありますし、トータルで相手の攻撃の芽を摘む守備がしっかりできていたと思います」

楢﨑「アカデミーを指導する立場として言わせてもらうと、こんなに素晴らしい見本が身近にいるのは育成年代の選手にとって最高の環境です。言葉でいろいろ説明をするけど、ミッチのプレーは理解を深めるのに最高の教材なので、プレーを説明するときに使わせてもらっています」

ランゲラック「とてもうれしいですが、プレッシャーを感じます(笑)」

楢﨑「さっきのプレーだけでもいろいろな要素が詰まっていたよね。クロスに対する判断から始まり、シュートへのポジショニングがあり、ダイビングもそう。ミッチは正しくプレーする回数が多いので、とても参考にしやすい素材です」

ランゲラック「僕のパフォーマンスが若い世代の助けになっているのであればうれしいです。ナラさんがおっしゃったように、ひとつのアクションに対して3つ、4つ、5つくらいの要素があると思います。特に難しいのは判断の部分で、自分も学習している途中です。そのなかで、良いところがあれば参考にしてほしいですし、反対に悪いところも見てもらって、すべてから学んでほしいです」

楢﨑「こういった謙虚なところも含めて、本当にナイスガイ。プレーが良くて、見た目も良くて、それに奥さんも綺麗で、もう欠点がない!(笑)」

ランゲラックは楢崎さんから「とても良い影響を受けました」

――お二人は2018年にチームメイトとしてプレーしていましたが、ランゲラック選手にとって、楢﨑さんはどのような存在ですか?

ランゲラック「実はグランパスに加入する以前からナラさんの存在は知っていました。長い間、日本代表で活躍したGKですからね。そのような偉大な選手と一緒にプレーする機会があって、とても良い影響を受けました。ナラさんが気づいていたかどうかは分かりませんが、GKとしてのテクニックやモチベーション、そして熱意を学びました」

楢﨑「僕にとっての現役ラストイヤーにミッチが加入したわけだけど、そのシーズンはコンディションの問題もあって苦しいことが多かったんだ。チーム全体や後輩選手に良い影響を与える存在でありたかったけど、それがなかなかできないシーズンでもあった。だから申し訳ないという気持ちがある。でもミッチがこうして質の高いプレーを見せてくれて、グランパスのゴールマウスを守る選手はレベルが高いと周囲に伝えてくれている。これは僕自身が加入する前からの伝統でもあるので、引き継いでくれているミッチには感謝しています」

ランゲラック「グランパスでの最初のシーズンは右も左も分かりませんでしたが、ナラさんがサポートしてくれたおかげでフィットできたと思います。それにチームを引っ張るナラさんにはオーラがありました。チームの伝統を引き継ぐために、自分も見習っていきたいと思います」

楢﨑「よろしく頼むよ。ところで、オーストラリアでもGKは変わっている人間が多いのかな? この企画に登場してもらった外国籍選手たちはこの意見に同意してくれるGKが多いんだ(笑)」

ランゲラック「確かに多少のクレイジーさは必要かもしれないですね(苦笑)」

楢﨑「オーストラリアもそうなんだ!(笑)。でも変わっているなかでも、『自分は普通だ』とみんな思っているんだよね」

ランゲラック「間違いないです(笑)。あとは、より細かい部分にこだわるという部分で、フィールドプレーヤーとは違いがあるのではないでしょうか。それこそクレイジーなくらいこだわらないと務まらないポジションだと思います」

楢﨑「素晴らしい。GKはミッチのような人格者だからこそ務まるポジションだね。いろいろな人に称賛されるべきタイミングだと思うので、今回はこうして対談できてうれしかったです。本当にありがとう!」

ランゲラック「こちらこそありがとうございました」

■楢﨑正剛

 1976年4月15日生まれ、奈良県出身。1995年に奈良育英高から横浜フリューゲルスに加入。ルーキーながら正GKの座を射止めると、翌年にJリーグベストイレブンに初選出された。98年シーズン限りでの横浜フリューゲルス消滅が決まった後、99年に名古屋グランパスエイトへ移籍。2010年には、初のJ1リーグ優勝を経験し、GK初のMVPに輝いた。日本代表としても活躍し、国際大会では2000年のシドニー五輪(OA枠)、02年日韓W杯などに出場。19年1月に現役引退を発表し、現在は名古屋の「クラブスペシャルフェロー」に加え、「アカデミーダイレクター補佐」および「アカデミーGKコーチ」を兼任。21年からはJFAコーチとしても活躍している。(藤井雅彦 / Masahiko Fujii)