男子テニスのプエルトバジャルタオープン(プエルトバジャルタ/メキシコ、ハードコート、ATPチャレンジャー)は23日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク283位のが同288位のG・ブローウェルを6-2, 7-6(7-3)のストレートで勝利し、初戦突破を決めている。

前週に行われたノックスビル・チャレンジャー(アメリカ/ノックスビル、室内ハード、ATPチャレンジャー)ではストレート負けを喫して初戦敗退となった伊藤だったが、この日はゲーム序盤から好調な滑り出しをみせる。
ファーストサービス成功時に83パーセントの確率でポイントを獲得すると、リターンゲームでは2度のブレークに成功し第1セットを先取。続く第2セットはお互いにブレークを奪うことなく接戦を繰り広げるも、タイブレークの末に伊藤が勝利。1時間32分の試合を制している。
勝利した伊藤は2回戦でA・リバコフ(アメリカ)とA・エルナンデス(メキシコ)の勝者と対戦。
なお、今大会には世界ランク278位のや同329位のも参戦している。