女子テニスで世界ランク13位のは22日にインスタグラムを更新し、恋人であるラッパーのコーデーともにNBAを観戦している様子を公開した。

同カップルが公の場で姿を現したのは、9月に開催されたファッションの祭典「メットガラ」以来となり、今回はロサンゼルスで行われたロサンゼルス・クリッパーズ対ダラス・マーベリックスの試合を現地で生観戦したようだ。
なお、大阪は9月に開催されたテニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で世界ランク73位のに7-5,6-7 (2-7),4-6の逆転で敗れて4年連続4度目のベスト16進出や大会2連覇、3度目の制覇を逃していた。
試合後の会見では涙を見せ、しばらくの間大会出場を控えると明かした。
「最近の私は、例えば、勝ってもうれしいとは思わないような気がする。どちらかというとホッとする感じ。そして、負けたときはとても悲しい気持ちになる。それって普通じゃないと思うの。本当は泣きたくなかったんだけど」
「最後まで話したい。ごめんなさい。これはとても表現しづらい。基本的には、自分が何をしたいのかを考えている段階で、次のテニスの試合がいつになるのか、正直言ってわからないという感じ。ごめんなさい。しばらく試合は休もうと思っている」