11月23日(現地時間22日、日付は以下同)。NBAはロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズに1試合、デトロイト・ピストンズのアイザイア・スチュワートに2試合の出場停止処分を科した。

 両選手は22日に行なわれた試合の第3クォーター序盤にフリースロー後のリバウンド争いを機に衝突。レブロンはフレグラントファウル2、スチュワートは2つのテクニカルファウルを宣告されて退場処分となっていた。

 キャリア19シーズン目にして初の出場停止処分となったレブロンは24日のニューヨーク・ニックス戦、スチュワートは24日のマイアミ・ヒート戦と25日のミルウォーキー・バックス戦でそれぞれ適用される予定。

 両選手はその期間が無給となるため、レブロンは約28万4000ドル(約3266万円)、スチュワートは約4万5000ドル(約517万5000円)を失うこととなる。