男子テニスのプエルトバジャルタオープン(プエルトバジャルタ/メキシコ、ハードコート、ATPチャレンジャー)は23日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク329位のが同533位のA・サルキシアン(アメリカ)に6-3, 6-4のストレートで勝利し、初戦突破を決めている。

開始早々、サルキシアンにブレークを許した内田だったが、その後は2度のブレークを奪い第1セットを先取する。続く第2セットでも一度のブレークに成功すると、ファーストサーブ成功時に93パーセントの確率でポイントを獲得。1時間14分で試合を制している。
勝利した内田は2回戦でA・ガラルノー(カナダ)と対戦する。ガラルノーは1回戦で同165位のに7-5, 6-7(4-7), 7-5のストレートで下しての勝ち上がり。
なお、今大会には世界ランク283位のや同329位の内田海智も参戦しており、伊藤は世界ランク288位のG・ブローウェル(オランダ)に6-2, 7-6(7-3)のストレートで勝利し、初戦突破を決めている。