<大相撲九州場所>10日目◇23日◇福岡国際センター

横綱照ノ富士が単独トップに立った。豊昇龍を両脇からがっちりきめて、圧勝した。

並走してきた大関貴景勝が関脇明生に押し出されて初黒星。横綱が満を持して単独の先頭に立った。

前日9日目に勝ち越しを決めた再入幕の西前頭15枚目・阿炎は、初対戦の翔猿を一気に突き出す力強い相撲で1敗をキープ。終盤戦に向けて不気味な存在となってきた。

東前頭7枚目の宇良が勝ち越し。37歳のベテラン玉鷲も、元気いっぱいの相撲で勝ち越しを決めた。

関脇御嶽海は宝富士に寄り切られて2敗に後退した。