「明治神宮大会・大学の部準々決勝、国学院大4-0九産大」(23日、神宮球場)

 国学院大・武内夏暉投手(2年・八幡南)が高校の部、大学の部を通じて史上初の完全試合達成を逃したが、公式戦初先発初完封を飾った。「気負わずに自分らしいピッチングができました」と序盤からテンポよく投球。全国舞台でめぐってきた大役に快投で応えた。

 直球はほとんど130キロ台ながら相手打者をことごとく差し込んだ。緩急を織り交ぜ、八回2死まで1人の走者も許さず。「五回を過ぎてから意識した」と大記録への期待も高まる中、あと4人と迫った八回2死から左前に運ばれた。

 偉業がお預けとなっっても、最後まで得点を許さなかった。結局3安打に封じて8奪三振の投球に「武内の好投に尽きると思います」と鳥山泰孝監督。今秋に東都大学リーグ戦でデビューを果たしたばかりの左腕が、神宮の夜空のもと、誰よりも輝きを放った。