<明治神宮大会:九産大0-4国学院大>◇大学の部2回戦◇23日◇神宮

大会初の完全試合まで、あと4人だった。国学院大の左腕の武内夏暉投手(2年=八幡南)が、身長185センチから角度ある球を制球良くまとめ、九産大打線を打ち取った。

8回2死から初安打を許したが、3安打で無四球完封。大学初先発での好投に「直球が走ってなかったので、コースを狙って冷静にいきました。(完全試合は)5回くらいから意識していました」と冷静に振り返った。