<新日本プロレス:ワールドタッグリーグ>◇23日◇神奈川・カルッツかわさき

NEVER無差別級6人タッグ王者の高橋裕二郎(40)、EVIL(34)のハウスオブトーチャーコンビが、開幕4戦目にして初勝利を挙げ、勝ち点2を“横取り”した。

同リーグ2度の優勝経験を誇る天山、小島組との対戦。テンコジ警察相手にも、お構いなしに無法攻撃を連発した。Tシャツでの首絞め、鉄柵攻撃、セコンドのディック東郷との3人がかりのコブラツイスト、かみ付きなど、反則技のオンパレード。極め付きは、関節技をかけられた高橋がタップしたにもかかわらず、EVILが審判の注意をそらし、なかったことに。最後は高橋がケイン攻撃から、天山にBig Juiceをさく裂し、3カウントを強奪した。

6日の大阪大会でSHOとともに、史上最多連続防衛記録(9度)の更新を目指した石井、後藤、YOSHI-HASHI組を退け、ベルトを奪取したが、今リーグでは奮わず。同時開催中のベスト・オブ・スーパージュニアで同王者SHOが4連勝で単独首位をひた走る中、棚橋、矢野組、O・カーン、ヘナーレ組、ファレ、オーエンズ組に開幕3連敗。お決まりの非道攻撃も返り討ちにされ、同門のオーエンズには「ズルはなしのはずだろ?」とたしなめられる始末だった。

ここまでノーコメントを貫いていてきた2人だったが、この日は「見たか。ここから全勝優勝だ!」としたり顔。悪の限りを尽くした男たちが、WTLにさらなる波乱を巻き起こす。【勝部晃多】