「日本シリーズ・第3戦、ヤクルト5-4オリックス」(23日、東京ドーム)

 ヤクルトが逆転勝ちし、2連勝。2勝1敗とリードを奪った。

 1点を争う大熱戦を制した。勝利を引き寄せたのは助っ人のひと振りだった。1点を追う七回2死一塁。サンタナが吉田凌のスライダーを仕留め、右越えに決勝の逆転2ラン。このシリーズ初安打が貴重な一発となった。

 苦しい展開だった。五回に中村の2点適時打などで逆転したが、六回に先発の小川が杉本に同点2ランを被弾。七回には田口が吉田正に適時打を浴び、リードを奪われた。一進一退の攻防となったが、何とか勝利をつかんだ。

 1点リードの九回は初戦で崩れた守護神マクガフを投入。2死一、三塁のピンチを迎えたが、何とかしのいだ。高津監督の信念の采配が実り、粘りオリックスを振り切った。