アメリカの女子サッカーリーグであるナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ(NWSL)のシカゴ・レッドスターズに所属する元なでしこジャパンFW永里優季が婚約したことを発表した。

永里は、神奈川県厚木市出身で、日テレ・ベレーザ(現:日テレ・東京ヴェルディベレーザ)で2001年から2009年までプレー。その後は海外クラブに所属し、ドイツのポツダムやイングランドのチェルシー、ヴォルフスブルク、1.FFCフランクフルト、アメリカのシカゴ・レッドスターズに所属した。

2020年には男子チームである神奈川県2部リーグのはやぶさイレブンに加入し話題となると、2021年はNWSLに新規参入したレーシング・ルイビルFCでプレーしていた。

私生活では、2011年7月に大儀見浩介氏と結婚したが、2016年に離婚したことを発表。現在は自身のインスタグラムでも交際中の外国人男性とのプライベートな様子も度々投稿していた。

永里は13日にもインスタグラムを更新。左手薬指に指輪をはめている写真を添え、「そして私はイエスと言いました」とプロポーズを受け入れたことを明かしている。

幸せな報告には、なでしこジャパンで共闘したNJ/NYゴッサムFCのMF川澄奈穂美も「きゃーおめでとう」と祝福。所属していたレーシング・ルイビルFCも祝意を表している。

【写真】永里優季が外国人男性に寄り添い指輪を披露!